愛媛県/松山市の空手道場|一般・女子・壮年・こどもカラテ教室/護身術・武器術 見学/体験可 ★━━・‥…

2018 昇段レポート 中浦誠 初段位/下波道場

" class="protect" alt="ファイル 448-1.jpg" width="530" height="347" /> 
 この度、昇段審査を受審させて頂き有難うございました。
 私は、高見空手下波道場に入門する10年くらい前ですが、他流派で空手を習っていました。宇和島市内の無料で使用出来る施設を利用して週に1回、稽古をしていました。そこで習っていた茶帯の先輩の華麗な組手をする姿に憧れていました。「自分もいつかは先輩のように茶帯を締めて格好良く、そして強くなりたい!」と思っていました。しかし私はこの流派の空手を仕事など諸事情により2年ほどで辞めてしまいました。それから何年か経って私は、気の合う友人らと別の施設を利用してミット打ちやグローブを着用して軽いスパーリングを始めました。
" class="protect" alt="ファイル 448-2.jpg" width="530" height="352" />
 ある時、私は友人の一人に「自分はスパーリングの他にも空手の型を習いたいんだけど誰か教えてくれる人はいないかな?」と話すと、彼は「このまま目標もなく、ただ漠然とやるよりもどこかの道場に正式に入門して空手を習ってみてはどうだい?」と言われました。でも以前、習っていた流派の空手も長続きしなかった私は、道場に入門してもまた直ぐに辞めてしまうのではないかと思い、入門することに躊躇していました。しかし、自分自身の心と体を鍛えるのに良い機会だと考え正式にどこか道場に入門して空手を習うことを決意しました。
" class="protect" alt="ファイル 448-3.jpg" width="530" height="352" />
 しかし、いざ空手を習うと言ってもどの流派の空手を習ったら良いものか迷っていた時に、私の勤務する会社の事務員さんの息子さんが下波道場で空手を習っていることを知りました。それが畠山亮先輩でした。畠山先輩から連絡をしてもらい日時を合わせて下波道場へ行きました。そこでは眞田師範、眞田寛之師範代そして色帯の先輩方が私を温かく迎えてくれたことを今でも覚えております。
 その当時の下波道場は「極真空手」でした。正式に入門して休まず稽古を重ね2年半前に念願であった茶帯(2級)を取得することが出来ました。私の中では「茶帯」で満足しておりましたが、1年後、1級に合格した直後に眞田師範から「来年、昇段審査を受けなさい!」と言われました。今の自分に昇段審査に挑戦する力など全く無く1年かけても審査を受ける力を身に付ける自信が無かったので自分の中では昇段審査のことを諦めておりました。
 しばらく経って眞田師範から「中浦、昇段審査を受けるは気あるのか?」と言われ「押忍、受けます!」と思わず言ってしまいました。(笑)
 この一言で私は腹をくくり挑戦することを決めました。
 それからは昇段審査へ向けての稽古を重ね、仕事が残業で遅くなっても眞田師範、寛之師範代は私が来るまで待っておられて稽古をつけて頂く日々が続きました。
" class="protect" alt="ファイル 448-4.jpg" width="530" height="375" />
 審査当日、昇段審査の場に立ってみて今までにない緊張感で私自身、納得出来る動きは全く出来ませんでしたが、悔いの残らないように全力で挑みました。
 入門して9年が経ち、「今日まで下波道場で頑張ってきて良かった!」と思います。
 今回の昇段審査で「初段位」を允許され、高見総師、高見最高範士に感謝申し上げます。
 そして不器用な私をここまで育てて下さった眞田師範、本当に有難うございました。
 また兄弟子でもある眞田寛之師範代、一緒に稽古してきた道場生に感謝いたします。
 職場の皆さんや家族、全ての方々に感謝です。
 初心に戻り、これからも下波道場の稽古で汗を流して行きたいと思います。押 忍
" class="protect" alt="ファイル 448-5.jpg" width="530" height="353" />                                   

2018 昇段レポート 大野正晴 初段位/宇和島道場

" class="protect" alt="ファイル 457-1.jpg" width="530" height="354" />
 やっとこの昇段審査という場面を通り過ぎる事が出来た。これが嘘偽りない今回の本心です。
 昇段審査にあたって、万全の体制でそれに臨む事が出来る人とそうでない人…。自分は後者でした。
 最高範士が以前 "試合前に不安があるのは準備が出来ていない証拠ですよ" と言われていた事があり、(試合ではないものの)まさしく自分に当てはまると思いました。
 しかし今回、この昇段審査を受けさせて頂くにあたって、逆にこの不安がある事が自分にとっては成長の糧になりました。日常生活でも仕事の事などで辛い状況はたくさん経験してきましたが、昇段審査はまた特殊な部分があります。審査が近づくにつれて、無意識のうちにストレスがかかっていた様に思います。不安を打ち消すために道場稽古がない日は自宅で自主稽古をし、少しでも時間の節約もしようと、仕事の行き帰りはランニングでの通勤でした。しかし、下肢の疲労骨折や股関節に炎症を起こしてしまい、走れなくなったりと、正直なところ色々な問題との戦いでした。審査の三週間前には受けるのやめようかと何度も思いましたが、二週間前にある事があり、周りの人達に今回の事で助けてもらった事、迷惑をかけていたりした事を改めて認識し、今受けないとそれが全て無駄になってしまうと思い、心を決めました。そして、その様な事全てが成長に繋がりました。
" class="protect" alt="ファイル 457-2.jpg" width="530" height="358" /> 
 当日の審査では、時間の経過が非常に遅く感じました。緊張の中、基本稽古、移動稽古、型と進み、最後の組手の審査。正直なところ、早く呼ばれたかったのですが、最後の番になりました。体力的な部分で辛かったですが、最後まで貫通出来て、本当に自分にとって良い経験になりました。この日の為に集まってくださった諸先輩方に心から感謝申し上げます。
" class="protect" alt="ファイル 457-3.jpg" width="530" height="355" />
 今回の昇段審査にあたり、学んだ事は他にも沢山ありますが、特に時間の大切さと積み重ねは、本当に大切だと思いました。時間を生み出す事には犠牲を伴い、積み重ねる事には忍耐が必要でした。そしてもう一つが周囲の人達の協力でした。絶対に1人の力では無理でした。私の妻もあまり文句も言わず、本当に感謝しています。
 また、子供達ともあまり遊ぶ時間も作れず、すみませんでした。そして、宇和島道場の諸先輩方にも協力をして頂いて感謝の限りです。水曜日の稽古に何度か足を運んで頂いた金澤師範、昇段審査の事で指導してくださった中里師範、型の指導をしてくださった石河師範。本当にありがとうございました。また、猪﨑師範代が航海で不在の中、指導してくださった山口先生、畠山先生、黒帯の先生方ありがとうございました。
" class="protect" alt="ファイル 457-4.jpg" width="530" height="353" /> 
 最後に、この様な貴重な経験をさせて頂いた総師、最高範士に心から感謝申し上げます。
 昇段審査が終わった後、最高範士から大変ありがたいお言葉を頂き、又、総師からもお祝いのお言葉を頂きました。ありがとうございました。ここからを新しい起点として、今後も稽古に励んでいきたいと思います。押忍!
" class="protect" alt="ファイル 457-5.jpg" width="530" height="350" />

2018 昇段レポート 山下桃代 初段位/宇和道場

" class="protect" alt="ファイル 451-1.jpg" width="530" height="382" /> 
 今回は昇段審査を受けさせて頂き有難うございました。
 私は昇段受審のため本部道場に入った時に今までとは違う雰囲気に少し緊張しました。
 基本の審査が始まっても緊張していましたが、今まで8年間、稽古してきたことを精一杯出そうという気持ちでいました。
" class="protect" alt="ファイル 451-2.jpg" width="530" height="346" />
 中里師範にこれまでご指導して頂いたことをしっかりと審査の中で出すことができたと思います。
 型では緊張もほぐれ自分がやってきた型をすることができました。
 最後の組手の審査では「自信」を持って挑もうという気持ちでいましたが、今まで練習してきたことを自分の思うように出すことは難しく、あまり出来ませんでした。
 ですが、ご指導頂いた中里師範や家でもミットを持ってくれたり組手の相手をしてくれたお父さんや一緒にいつも取り組んでくれた兄のおかげで最後まで全力で取り組むことができました。
" class="protect" alt="ファイル 451-3.jpg" width="530" height="357" /> 
 今まで自分がやり通してきたことを精一杯発揮することができたと思います。
 後日、合格の通知を頂いた時には自分も嬉しかったし、家族も「今までやってきて良かったね。」と声をかけてくれました。
 今回、私が合格することができたのも、ご指導頂いた中里師範、いつも一緒に稽古に励んでいる道場の方々、陰ながらサポートしてくれる家族の協力のもとで合格することが出来たと思っています。
" class="protect" alt="ファイル 451-4.jpg" width="530" height="356" /> 
 私はこれから「黒帯」として自覚を持ち、基本、移動稽古、型や組手など全ての稽古で更なる高みを目指して励んでいきます。
 これからの自分の人生の中でも、技術以外の面でもたくさん学んでいる礼儀などを生かしていくようにします。
 最後に昇段審査の機会を与えてくださった高見総師、高見最高範士、中里師範、本当に有難うございました。
 これからも日々稽古に励んでいきます。押忍
" class="protect" alt="ファイル 451-5.jpg" width="530" height="352" />

2018 昇段レポート 安部こころ 初段位/大西道場

" class="protect" alt="ファイル 456-1.jpg" width="530" height="354" />
 今から約八年前の一月。母と弟と大西道場にはじめて行きました。
 「黒帯をとる!」入門した時に軽々しく口にしていた目標を、本当に達成することができるなんて正直思っていませんでした。
 小学校低学年の頃は、帯の色がどんどん変わっていく、試合に出るのが楽しい。時には辞めたいと思うこともありましたが、あきらめず続けていてよかったなと思います。学年が上がっていくにつれて私には小さな目標ができました。六年生のうちに茶帯をとるという目標です。それを達成できて、また一つ黒帯の道へ近づき嬉しい気持ちとそれと同時に不安も大きかったです。
" class="protect" alt="ファイル 456-2.jpg" width="530" height="344" />
 中学生になって一級に昇級し、本格的に黒帯を目指すことになり、はじめて昇段審査を見学しました。来年、自分がこの場所に立つと思うと不安や恐怖におしつぶされそうになりました。
 練習も私が一番苦手とする組手が多くなってはじめは痛くて、しんどくて泣くことも多かったです。でも、回数を重ねていくうちに泣くこともなくなって、動きもよくなったとほめてもらえるようになって少し自信がつきました。本番一ヶ月を切った時、道場生全員と連続組手をクリアすることができました。それは、私にとってすごく自信になりました。
" class="protect" alt="ファイル 456-3.jpg" width="530" height="356" />
 昇段審査当日。緊張して普段できることができなくて、特に移動はコンビネーションなど応用になると間違えたりできない所もありました。組手も怖がってとても消極的なものとなってしまいました。
 その結果、「再審査」という形になって本当に悔しかったです。それから宇和島の昇級審査会、続けて松山の昇級審査会、宇和島の帯研に参加させていただいて、昇級審査会では受審される方々の組手の相手をさせていただきました。
 年内最後の帯研(指導者稽古)で再審査を行って頂きました。再審査では、最高範士に細かい所までご指導いただきました。帯研の最後に最高範士から認定書、丸山師範から黒帯をいただいた時は本当に嬉しかったです。先輩方にも「おめでとう。よう頑張ったね。」と言ってもらえてとても嬉しかったです。
" class="protect" alt="ファイル 456-4.jpg" width="530" height="360" />
 高見総師、高見最高範士、今回昇段審査の機会を与えてくださり、昇段を許していただき本当にありがとうございます。
 丸山師範、いつも熱心にご指導いただきありがとうございます。師範が先生で本当によかったです。
 お母さん、ご飯を作ってくれたり、習い事の月謝、審査代、合宿代、試合の出場料をいつも出してくれてありがとう。いつも迷惑かけてごめんね。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 最後にいつも支えてくれる大西道場のみんな。大西道場に来て、みんなに出会えて本当によかったです。まだまだ未熟でたよりない私ですが、これからもよろしくお願いします。押忍。
" class="protect" alt="ファイル 456-5.jpg" width="530" height="353" />

2018 昇段レポート 福本祥子 初段位/住吉道場

" class="protect" alt="ファイル 450-1.png" width="530" height="353" /> 
 はじめに今回、昇段審査の機会を頂いた高見総師、高見最高範士、中里師範どうもありがとうございました。
 私が空手を始めたのは保育園の年長の時でした。
 入門したきっかけは、ブルース・リーみたいに強くなりたかったからです。
" class="protect" alt="ファイル 450-2.png" width="530" height="353" /> 
 道場へ行くと、先輩たちも優しく、毎日の稽古がとても楽しかったです。しかし、昇級を重ねるにつれ、稽古がきつくなり、父に叱られることも多く、正直、稽古に行くのが嫌だなと思うことも何回かありました。
 小学1年生の頃から住吉、宇和、大洲道場へ行くのが日課となり、ゆっくり体を休める日も少なかったけど兄や弟も一緒に頑張っていたので私も頑張れました。
 これまで、たくさんの大会も経験させてもらいましたが、私は体が小さく体格の大きい選手に全く勝てませんでした。
それでも、「絶対勝ってやる。」という強い気持ちで稽古に取り組むようになり、少しずつ成果も出せるようになって、悔しさをバネに努力することの大切さを大会を通じ学ばせてもらいました。
" class="protect" alt="ファイル 450-3.png" width="530" height="353" /> 
 中学生になり、中里師範から昇段の話をもらった時は、「やってやる。」という気持ちと同時に、勉強、部活、そして空手と両立ができるのか不安もありました。
 時には、きつい稽古に耐え切れず泣いてしまう事もあったけど、師範から「諦めることは、いつでもできる。でも諦めないのは今しかできない。」「苦しい時こそ、真価が問われるよ。」と励まされ、家族の支えもあり乗り越えることができました。
 審査当日は、これまでの昇級審査とは全く違う雰囲気で、英語の審査が始まったときは、緊張してうまく言えなかったところもありました。
 基本や移動になったころには、緊張も少し和らいできました。組手になり稽古でしっかりやってきたつもりでしたが、十人連続組手は全く違ってとてもきつかったのですが、最高範士の「組手の先に護身を意識しなさい。」という言葉をかけて頂いてからは、それを意識しながらの組手を心掛けました。
" class="protect" alt="ファイル 450-4.png" width="530" height="353" /> 
 厳しい昇段審査ではありましたが、やり通すことができたのは、師範や道場生のみなさんのおかげだと思っています。
 数日後、合格通知のお知らせをもらったときはとてもうれしく、大変だったこともあるけど、頑張ってきてよかったなと実感しました。いつもそばで応援し支えてくれる両親に感謝してます。
 私はこれからも胸をはれる黒帯として精一杯稽古に取り組み、頑張っていきたいと思います。押忍。
" class="protect" alt="ファイル 450-5.png" width="530" height="353" />

ページ移動

インフォメーション

メルマガ

高見空手メルマガ

高見空手では、門下生にメルマガを発行しています。

演武会

セミナー&演武会

高見空手では、武道振興のため演武会を承っております。

youtube

YouTube高見空手CH

高見空手は、YouTubeにチャンネルを設けています。

大会アルバム

愛媛県大会

愛媛県選手権

日本空手道 高見空手が主催する大会です。

少年大会

伊達杯

高見空手のビギナーズトーナメントです。

ログ検索

サイト内検索

松山本部/事務局

〒790-0056
愛媛県松山市土居田町80-8
TEL.089-948-0246
FAX.089-935-4657

▲ PAGE TOP