愛媛県/松山市の空手道場|一般・女子・壮年・子どもカラテ教室/護身術・武器術 見学/体験可 ★━━・‥…

帯研(黒帯研究会)稽古の要訣と双節棍(ヌンチャク)の型「雷神」

黒帯研究会を06月04日(日曜日)10:00~ 本部道場にて開催致しました。
今回は各稽古の要訣、双節棍(ヌンチャク)の型「雷神」、を主として開催されました。
高見最高範士のご指導の下、師範、師範代、先生、指導員、先輩を含む23名が
参加しました。
ファイル 348-1.jpg

柔軟、基本、移動の稽古を実施しました。
移動稽古では廻し蹴りの要訣である腰のキレについてご指導がありました。
ファイル 348-2.jpg

武器術 双節棍(ヌンチャク)の基本の動きをご指導戴きました。
非常に危険な武器術ですので怪我の無いようにより一層気を引き締めての稽古となりました。
ファイル 348-3.jpg

双節棍(ヌンチャク)の型「雷神」をご指導戴きました。
前回の棒の型「風神」同様、本来は師範位の型で複雑な動きが含まれており
師範位以下の道場生にはあまり指導されない為、貴重な経験となります。
ファイル 348-4.jpg

御指導戴きました高見最高範士、ありがとうございました。
御手伝い戴きました皆様、お疲れ様でした。
ファイル 348-5.jpg

押忍
レポート・写真撮影:高見空手WEB課 熊田琢磨(本部・市坪道場指導員)

▲ PAGE TOP