愛媛県/松山市の空手道場|一般・女子・壮年・少年部カラテ/護身術・武器術 見学/体験可 ★━━・‥…

高見空手 最高範士 高見彰 紹介

 

空手道 高見空手 最高範士 高見彰  - Saikohanshi Akira Takami -

1966年10月11日生まれ

 1974年、アニメ『空手バカ一代/TV』の影響を受けて空手を習いたいと発願し、極真会館四国支部に入門して故・芦原英幸師範に師事する。この時、初めて入門した父・高見成昭の道場が『空手バカ一代』と同じ極真会館だったことを知る。

 1985年、高校を卒業と同時に上京し、極真の前身である大山道場時代からの古参・城東支部の郷田勇三師範(現・最高顧問)の内弟子になる。その3年後にはアメリカに空手留学し、同じく大山道場創世期からのUSA大山空手の大山茂総主、大山泰彦最高師範に師事し、ウィリーウィリアムス、チャックチズムらの指導も受ける。

 またアメリカでは、アラバマ州バーミンハムサンフォード大学講師、他、エレメンタルスクール(小学校)の講師となって教鞭を執り、空手を通じて日本の伝統文化を伝えるとともに護身術の授業も行う。

 他、選手としてUSA大山空手、極真会館のみならず他流派のグローブマッチなど数多くの大会にも出場、主な戦績は以下の通り。

1989年 全米空手大会 中量級 第2位
1990年 全米空手大会 無差別級 第3位
1995年 全日本空手道選手権大会 中量級 第4位
1995年 全ロシア空手大会 中量級 第4位

※全米空手大会はじめ他流派との試合は全勝。

 その後、2005年に極真会館愛媛県支部長に就任し、四国地区強化選手監督として後進の指導に努め、世界大会代表選手や全日本軽量級優勝者など、数々の選手を育成する。

 そして2014年1月元旦 理想とする日本武道の在り方を探求・実践し、空手の道を極めるために極真を離れて高見空手を創設する。

━【 指 針 】━━━━━━━━━━━━━

  ★モットー 『 和 』
  ★座右の銘 『 武から入り徳に至る 』

▲ PAGE TOP