愛媛県/松山市の空手道場|一般・女子・壮年・こどもカラテ教室/護身術・武器術 見学/体験可 ★━━・‥…

2019 昇段レポート 福本大和 初段位/住吉道場

ファイル 501-1.jpg
 この度は昇段審査を受けさせていただき、ありがとうございました。
 僕が空手を始めたのは保育園の年中の頃でした。空手を始めたきっかけはただ一つで、稽古の見学に行った時に同じ道場生のみんなや、お父さんや兄、姉のように早く道着を着て強くなりたいと思い空手を始めました。
ファイル 501-2.jpg 
初めの頃の稽古はとても緊張していました。ですが、稽古を重ねていくうちに道場のみんなとも馴染め、緊張から段々と楽しみに変わっていきました。しかし、昇級していくにつれ稽古もきつくなり、お父さんに𠮟られることが増えてきて「もう空手、嫌だなと。」思うようにもなりました。
 そして、嫌々稽古に行くことも増えました。でも、兄も姉も頑張ってるんだと思いながら稽古に行くようになりました。初めて出場した大会では優勝することができました。あの時は凄く嬉しかったという気持ちを今でも覚えています。これも熱心に指導してくださった先生方や、道場生のみんなのおかげだと思っています。でも高学年になるにつれ体の小さな僕は思うように勝てなくなりました。そんな悔しさから、もっと強くなるんだと思い稽古に励むようになりました。中学生になり徐々に自分に自信がついてきたころ、中里師範から昇段を受けてみないかいうお言葉を頂きました。その時の僕は、受けるか受けないか凄く悩みました。受けるのは早いかと思っていましたが、今、受けないと来年チャンスがないかもと思い受けさせて頂きました。
ファイル 501-3.jpg
 昨年の兄、姉の昇段審査を見て、十人組手を僕がこなすことができるのか凄く不安でした。でもやるしかない、そう思いました。
 昇段審査の当日のあの雰囲気は、今までの昇級審査とは全く違うもので、凄く緊張しました。基本、移動は特に緊張していました。混乱してしまい、今まで稽古で出来ていたことができず、本当に合格できるのかと心配になっていきました。
ファイル 501-4.jpg 
いよいよ最後の組手となり、1人、2人、3人とこなしていき体力的にもしんどくなった頃、いよいよラストの中里師範との組手になりました。先生の一発一発の突きや蹴りには色々な強さや重みを感じました。この日は2人だけの昇段審査ということもあり、とても疲れました。翌日の稽古で合格通知がきた時は、本当に嬉しかったです。これも今まで僕のことを陰で支えてくれたお母さん、毎日送り迎えをしてくれるお父さん、一生懸命僕と向き合ってくれた中里師範、道場生のみなさん、そして共に稽古に励んでいる兄、姉、二人の弟のおかげだと思います。
 これからは黒帯らしく、みんなのお手本として目標にされる先輩になれるよう日々稽古に取り組もうと思います。
 最後に、この昇段審査という機会を与えて下さった高見総師、高見最高範師、中里師範、この審査の為に来て下さった黒帯の先生方のみなさん、本当にありがとうございました。押忍。
ファイル 501-5.jpg

▲ PAGE TOP